アクセス最新ニュース

 「年別: 2020年」

RECENT NEWS
  • 2020.4.14

    緊急事態宣言を受けて

    介護と育児の両立支援の活動をさせていただきながら、自社でも課題を抽出し、解決策を地域と企業で一緒に考えようと、子どもと高齢者の複合施設を目指して運営をしてきました。働き方改革を模索しながら自然災害にも見舞われ、何のための誰のためのサービスと支援に奔走しているのか、自問自答の毎日でもありました。東日本大震災の年に竣工したアクセスビルで、今はコロナウイルスの感染症防止に万全の対策をとりながら、今だから見えてきていること、そして試されている福祉サービスの有り方を感じています。

    ありとあらゆる生命の小さな息吹を感じるこの春が、特別な意味を持つ春であればあるほど、分水嶺に立たされているそれぞれの自分と向き合い、すべての何かに祈りをささげている今を感じています。どうか繋がってください。そして感じてください。そして少しずつ力を貸してください。ほんの少しでいいのです。みんなで乗り越えましょう。みんなで祈りましょう。

    アクセス事業所運営に関するお知らせ
  • 2020.1.10

    大切にしたいことを大切に

    新年あけましておめでとうございます。

    令和になって初めてのお正月を迎え、12支の干支の最初の子年が始まりました。一年の計を元旦に立てたことのない私にとって、今年は蒲田と羽田の事務所で年賀状を整理をしながら、気持ちも新たにあれこれ考える年明けになりました。

    1月6日から保育園も始まり、長いお休み明けにもかかわらずみんな元気に登園してくれました。給食を大急ぎで作って大田区産業プラザでの新春のつどいに参加。沢山の福祉関係者にもご挨拶ができ、久しぶりに会う専門職の皆さんからもパワーをいただきました。

    2020年は何だか特別の年になりそうな気がします。
    だからといって、特別なことを考えているわけではなく、何事もない平凡な日常に感謝しながら、自分にとって「何かが特別な年」にしたいと思っているだけです。その何かは口に出すほど明確なものでもなく、自分に正直に、自分らしさを素直に表現するために、まずは着飾っていたものを捨てることから始めようと思っています。

    1月6日の創立記念日で22年目に入りました。
    創立者として大切にしてきたことを、大切にしてくれる人たちに受け継がれていけばこんな嬉しいことはありません。
    心あらたに精進していきたいと思います。

    本年もどうぞよろしくお願い致します。



    2020年1月の園だより